Link

溶岩浴について

岩盤浴・溶岩浴イメージ癒しの森では、快適な溶岩浴・岩盤浴を楽しんでいただくために、2種類の石をご用意しています。いずれの鉱石も遠赤外線効果をもたらす、日本のごく1部でしかとれない希少な鉱石です。乙姫石(溶岩浴)と天照石(岩盤浴)ともに伝説を持った鉱石で、2つの鉱石パワーがもたらす効果で健康で美しいカラダを手に入れることが出来ます。 2種類の違う入浴感覚を是非お楽しみください。
乙姫石 乙姫石は世界有数のカルデラを持つ「阿蘇山系」から採石される唯一の天然鉱石です。 この石でカラダを温めると女性の体質改善に効果があり、安産や子宝に恵まれるという伝説が言い伝えられています。現代人の身体の悩み(肩こり、腰痛、頭痛、肥満、冷え性など)の緩和が期待でき、さらに乙姫石に含まれる鉱石ミネラルやラジウムは血糖値を下げ糖尿病の予防や症状を癒す効果が期待されています。 乙姫石は遠赤外線効果をもたらすシリカの含有率が約67%と非常に高く、発汗によるリフレッシュ効果が期待できます。
天照石 天照石は大分県と宮崎県の県境の深山から採石された見立礫岩という非常に希少な天然鉱石です。 地質学的には「レキ岩ホルンフェルツ」とよばれ、約2億3000万年前に生成された鉱石です。高千穂の天岩戸神社付近に産する岩石であることから「天照石(てんしょうせき)」と命名されました。この鉱石は、一般的な吸収波長の遠赤外線とは違う透過波長のテラヘルツ波を放出しており、細胞の歪みを正しく調和させまた、活性作用があるという事が近年認められています。また、遠赤外線効果をもたらすシリカの含有量が極めて多い(75%~90%)ため、大量の発汗が期待できます。
溶岩浴・岩盤浴の違い 溶岩浴に使われる石は火山などの溶岩が固まったもので、岩盤浴に使われる石は砂や火山灰などが長い年月を経て固まったものです。ミネラルの含有率は溶岩のほうが多く温度も高いので、岩盤浴ではなかなか汗をかきにくいという方でも溶岩浴ではかなりの発汗効果が期待できます。 癒しの森では岩盤浴用の「天照石(てんしょうせき)」と、溶岩浴用の「乙姫石(おとひめいし)」をご用意してお待ちしております。どちらも違った温浴効果をお楽しみいただけます。
溶岩浴・岩盤浴で期待できる効果 癒しの森でご利用できる溶岩浴・岩盤浴では、鉱石がもたらす効果で健康でカラダの内側からキレイになることが期待できます。

遠赤外線による温熱効果 鉱石に豊富に含まれるシリカ成分が放出する遠赤外線はカラダを内側から温めます。体内の温熱効果により、体内の老廃物や余分な脂肪や乳酸、尿酸などの毒素を排出します。
それにより自然治癒力が高まり、血行促進や新陳代謝の促進、免疫力のアップ・自律神経の調整などの効果が期待でき、カラダの内側からの健康的な美容の効果が期待できます。


ミネラル摂取による美肌効果 鉱石に含まれる30種類以上もの豊富なミネラルがお肌を活性化させ、また遠赤外線による皮膚細胞の活性化という相関作用で美容と健康に期待ができます。
室内に広がるミネラルを呼吸からと皮膚からと同時に摂取できますので、さらなる効果が期待できます。


マイナスイオンによるリラクゼーション効果 室内に広がるマイナスイオンを含む水分は、空気を浄化し、森林浴と同じようなリラクゼーション効果があり、ストレス解消の効果も期待できます。
さらにマイナスイオンには、血液中の活性酸素の働きを抑え、細胞の老化防止につながるという効果もあります。
岩盤浴・溶岩浴イメージ04